4/20

なんやかんやでここ数日は残業続きです。

木曜はモンハンワールドのアプデだったので普通にあがりましたが(ゲームの世界優先)
一度残業してしまうと、終業までに何がなんでも終わらせなくていいやって気になっちゃう、ヤバいヤバい...
月に最大40時間という足枷があるため、本当にキツいとき以外は残るべきではないですし。
件のフレックスによる錬金術がここに来て存在感を増してきている感じです。

モンハンワールドでは金色のドスジャグラスを狩って武器をかき集める作業が始まりました。
股の正面が開いたドスケベ和装の重ね着も追加されましたし。
今回のアプデにはおおよそ満足ばかりです。
欲を言えば、マムの武器は追加してもらいたかったですけども。
そのうち出ることを期待しましょう。

オリゲーの製作ですが、こちらはなかなかの歩みの遅さです。
残業だったりモンハンだったりで時間が足りない...
土日はモンハンとUnity弄りでゲーム三昧ですかね(休日も画面を見続けるエンジニアの鑑)

ではこの辺りで。

4/17

今日は初めて残業というものをしました。
まぁ定時後の30分の休憩時間+30分くらいなので、実質1時間程度のものですが。
帰りのバスの空席具合や、駅のテナントの店じまい感など、いつもと何となく違う雰囲気が新鮮でした。

ここ数日はインシデントの質問が山盛り送られてきたり、特許調査の方針がガラッと変更になったりと、なんやかんやで慌ただしいです。
特に特許調査の方は最終発表が6月の頭ということもあり、いい加減に資料の作成に取り掛かりたい段階なのですが。
そこに前述の方針変更が加わったりして一向に目処が立っていません。
現状の方針で進めてもラチがあかないということでの方針変更ですので、仕方ない面もありますが...
何にせよ急がなければならないのは事実です。

まぁ卒研のときとは比べものにならないくらい気が楽です、今のところは。
あの時は残業だとか徹夜だとか泊りがけだとか、そもそもそんなこと気になどできませんでしたし。
今は残った分だけ給金が出さえするので、待遇の差は歴然といったところでしょうか。
そう思えば頑張れる(メンタルリセット)

話は変わりますが、久しぶりにmacを取り出してUnityを弄っています。
卒研では泣きながら弄っていたのに、そうでないときに好きに弄るのは楽しい...楽しい...
ただ、丸一年以上離れていたので操作の手順やらの大半を喪失していました。
何とかUIだとかテクスチャの貼り方などは思い出せましたが、肝心のスクリプト作成が見事にすっぽ抜けていて絶望。
ボタンをクリックしてイベントを起動させるという初歩の初歩すら忘却の彼方で涙が出ますよ...
こんな体たらくで完全オリジナルのゲームを1から作るのはまぁまず無理だと実感したので。
まずはConnection(大学時代の遺物、詳細は[オリジナルゲーム]のカテゴリ参照)のWebブラウザ版を作ることで勘を取り戻すことから始めようと思います(千里の道も一歩から)

ではこの辺りで。

4/15

今日は応用情報の受験日の予定でした。
予定でしたというのは、強風と大雨で電車が止まり、会場まで行けなかったからです。
定刻通り人荷を運べない鉄道とか、騒音と電力浪費を生み出すただの鉄屑でしかない(辛辣)

これが、会場入りギリギリの時間に到着するような予定を立てて行動していたのなら、まだ自分の責任(余裕を持って移動しろ)も混ざるので文句はないですが。
自分は時間に遅れることが大層嫌いなので、相当な余裕を持っていつも行動しています。
今日も、間に合うギリギリの時間の電車から、把握している中で少なくとも4本以上早いものに乗ったのです。
にもかかわらず電車の遅延によってこのザマです。
どうしようもなさすぎてストレスしかない。

受験料は合否にかかわらず会社持ちなので別に構いません。
移動費も結局目的地で降りる前に引き返したので払わずに済みました。
朝の早起きも平日ならもっと早い時間に起きているので問題ではありません。
失ったのは、一年に二度しかない受験機会の片方です。
何よりもこれが一番デカい。
合格率2割程度の試験ですので、少なくとも一回くらいは雰囲気を掴むためにも受けておきたかったのですが、今回の遅延のせいでそれを逸しました。
今年度中に取得しなければならないので、機会はあと一度。
TOEICとは話が違うので、今回の騒動はだいぶ響きました...

そんなワケで意味もなく電車で三時間も過ごしたあとに乗車駅で降りて。
ストレスを打ち消すために甘味をやけ食いして。
帰宅後に不貞寝して今に至ります。

半年後の自分と天候に期待して、今日はこの辺りで。

4/12

先日、クロノマギアというスマホゲーをダウンロードしてみました。

カードゲームですので、シャドバとかハースストーンの類だと言うと伝わりやすいでしょうか。
ルールもそれと近しく、場にモンスターを召喚して相手プレイヤーを殴り、ライフを0にすれば勝利です。
プレイヤー自体に固有のスキルが設定できたりだとか、オリジナリティのある要素もいくつかありますが、基本的にはシャドバやハースストーンの流れと同じです。
電子媒体を活かしたルールや効果(デッキにカードを追加したり、ステータスを増減しても分かりやすかったり)を盛り込んでも、やはり対戦カードゲームの基本的な流れは似たり寄ったりになりがちですね...

実際にプレイすると、5分もかからない爆速の試合展開でした。
この点に関してはかなり特異な部分ではないかと思います。
だいたいのカードゲームってのは1戦が長くなりがちですので(当社比)
そういう意味では、気軽に1戦できるこの部分は確かに他にはない利点かと思います。
デッキも20枚と少ないので、とっつきやすさではダントツかと。

ただし、そういう設計なのか、あるいは自分が下手くそ過ぎるからかは分かりかねますが、マリガンしても初手が残念な場合はどう足掻いても持ち直せない状態に持っていかれてそのまま負けるという展開になりやすいような気がします。
ダメージを喰らうとマナ(コストを支払うためのポイント)がそのぶん増えるというルールのため、大ダメージを受けることは反撃の契機にもなり得ますが。
その時に手札がお察しの有様ならもうお手上げです、もう一発大ダメージ受けて死にます(無情)
そうならないような手札管理と、ヘタに殴らないという攻撃タイミング管理が要求される、そういうゲームでした。

ちなみにこのクロノマギアは、パズドラなどを提供しているガンホーの新作です。
なお、自分のパズドラの通算ログイン日数は明日で2165日になります。
思えば随分長いことプレイしている気がします。
相変わらずランクは低いですが...
どちらかというと今後もパズドラですかね(保守派)

ではこの辺りで。

4/10

今日は会社の健康診断でした。
まぁいたって普通...だと信じたいです。
ここで妙なものに引っかかったりするとまた親が余計な心配をするのが目に見えています。
昔は痩せろだのなんだの煩わしかったのに、今では肥れだのなんだのと熱い手のひら返しをかましてきますし。
自分の適正体重はどこ...ここ...?


そういえば最近は和食作りに精を出しています。
とはいっても煮物やらきんぴらやらシンプルなものばかりですが...
大学の頃は時々自炊していたとはいえ、ほとんどが焼く一択という原人並みの調理だったので、それと比べれば多少は手が込んでいると思いたい。
だし汁とかみりんとか、まともに使うのは初めてですよ...(ポイズンクッキング)
でもまぁ、お菓子作りと比べれば多少の誤差は許容されるので嬉しいところ。
じゃけん今日も計量せずに粒状だしをブチ込みましょうね〜

ではこの辺りで。
プロフィール

SNと申します。
趣味を書き綴ります。
二日に一度は更新する(予定)です。
コメントはその記事に返しますね。


近況欄:
Linuxを弄るお仕事に就くとは
全く想像してなかった(勉強不足)

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
回覧カウンター
カテゴリ
SF (14)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR