7/22

オメガクインテット、根性で真EDむかえました。
おかげで土曜を丸一日徹夜で潰しましたが、これでようやく晴れやかな気分で眠ることができる...(感涙)

真EDをむかえるにあたり、気をつけなければいけないのはキーミッションと支持率だけです。
もっと言うなら、支持率はキーミッションを出すために必要になるものなので、結局のところキーミッションを全ておさえることができるか否かの一点に集中すれば事足ります。
オトハとアリアの好感度も影響するらしいですが、事務所でのイベントを全て見ておけば他に好感度上げせずとも達成できるようなので、この点も気にする必要はないかと。

で、そのキーミッションなのですが、キーかそうでないかは関係なく、全てのミッションを片っ端から達成していくほうが変な気を使わなくてかえってラクです。
というのも、前述したように支持率の高さがキーミッションの出現に関係する場合があるので、ミッションはキーしかクリアせず、バトルも極力避ける姿勢で進めると、ひょっとすると支持率不足のせいでミッションが出現しないまま次の話に突入してしまう可能性があるためです。
普通にバトルして、そこそこのミッションをこなせば支持率は自然と超える範疇ではありますが、最終的には150万くらい集めておく必要があることだけは念頭に置いておかなくてはなりません。

あともう一つ。
イベントを進めると会話パートが終わった直後にすでにミッションのフィールドパートから始まる場面がいくつかありますが。
その際は必ず一旦事務所へと帰還してください。
会話パート後に新たなミッション(キーミッション含む)がミッションリストに追加されており、今のフィールドパート終了後に次の話に移行するような状況の場合、次の話が始まった後にはそれらのミッションがリストから消滅してしまいます。
◯◯という技を見せて!系の、達成できなければゲームの進行がいずれ不可能になるミッションは期間がLongなので話をまたいでも消滅しませんが、期間がMiddleやShortのミッションは消えます。
例えそれがキーミッションであっても問答無用で消えます。
これは、おそらくこのゲームにおいて最大の罠ですので特に注意しなければならない点です。
一見すれば、メインストーリーを進めるために、次に行かなければならないステージから自動的に始まる仕様は親切に見えますが、うっかり流れに任せて進行するとキーミッションを取りこぼすことになりうるのでお気をつけください。

上記のエゲツない罠を除けば、それ以外で真EDを目指す上で厄介な点はあまりないように感じます。
ただ、真EDの演出は直前の(あまりに露骨な)選択によって変わります。
推しキャラがただ一人に決まっている兄貴なら大した問題ではないですが、どのキャラも捨てがたい優柔不断兄貴や、全パターン見ないと気が済まない姉貴の場合は、最低でも5回は真EDルートに突入する必要があります。
なんやかんやで1周に結構時間がかかりますので、面倒な場合は選択直前のところでセーブして、後々ロードできるようにすることをオススメします。

そんな感じでなんとか真EDを一周してきた所存です。
難易度Normal(一番下)なのにメッチャ疲れたゾ...
普通に二、三回ほどゲームオーバーになって哀しみのロードをした場面もありましたし、やはりターン制のゲームは不得手だと再認識しました。
好きだけど下手ってのは...哀しいものなんやなって...(遠い目)
なんにせよ、精神汚染はこれで払拭できたので個人的には満足です。
これから先の周回?
いや〜キツイっす(真顔)

ではこの辺りで。

7/18

(今週は今のところ特に何も)ないです。

いや、月曜は祝日で火曜は丸の内までちょっとした出張があったくらいなので、それ以外で特に何もなかったんですよね...
インシデント対応は滞りなく収束へと向かっており、この2件が済めば手持ちが全て消化されます。
逆に言えば、やることがなくなるという意味でもありますけどね。
自分にインシデントを割り当てるのは先輩の裁量と判断なので、適したものが投げられるまではある意味フリーの期間となります。
せっかくの職場での合間時間はできるだけ勉強に費やしたいところ。
何か不明点があれば隣にトレーナーや、背後に白髪先輩がいるのですぐに質問できますしね。
まぁ自宅じゃあまりやる気が出ないというのもありますけども...

あっ、自宅といえば、オメガクインテットの周回プレイを開始しました。
理由はもちろん真EDを見るためです。
さすがにあの一般通過EDを見て終わりすると精神汚染が尋常ではないので、自力で真EDを見て浄化することを決意しました。
周回するとセーブデータの引き継ぎができるのですが、引き継ぐ項目を選択するためにコインというものが必要になります。
コインもゲーム内のアイテムで、ちょろちょろとドロップしたりするのですが、全項目を引き継ごうとすると明らかに数が足りないんですよね...
何周もすれば交換せずに余らせたコインを繰り越し続けることでいずれ全ての項目を引き継げるようにはなると思いますが、果たしてそこまでやりこむかどうか。
自分の精神を破壊した一般通過EDと真ED以外に、ギャルゲーでいうところの〇〇ルートみたいなEDがあるのなら、もう何周かする気にもなりますが。
とりあえずは真EDを見て心の浄化が最優先です。
もちろん、真EDが鬱EDではない保証はないですけどね(それはないと信じたい)

ではこの辺りで。

7/15

ここ丸二日間はずっとオメガクインテットをプレイしていました。
実は少し前からダウンロードこそしてはいたのですが、とある場面で詰んでしまって止まっていたのです。
もはやどうしようもないと判断してセーブデータを削除、新たに作り直して無事その場面は切り抜けたといったところです。

このゲームは制限がギチギチに詰められたマップを捜査します。
どういう感じかと言うと、落ちてるアイテムはこのレベル以上のスキルがないと拾えない、ここから先はこのレベル以上のスキルがないと進めない...といった様子。
ストーリーを進めてアクション面のスキルのレベルが上がることで、序盤はただ素通りするしかなかった壁の向こうにも行けるようになるといった具合です。
ただ、このアクションのレベルを上げるためにはメインではない、いわゆるサブストーリーをクリアする必要がありまして。
ストーリーが見れればそれでいいやとばかりにメインストーリーしか進めていなかった結果、もはや到達可能な新エリアがなくなるという事態に陥ってしまったのです。
そこで渋々サブストーリーを進めることにしたのですが。
そのとあるサブストーリーが、なぜかクリアできない。
サブストーリーの受付も、達成条件も満たしているのに、なぜかクリアできない...
ひたすらwikiを巡って情報収集しましたが、支持率10万以上にしろ以外の有用な情報はなく。
おそらくソフトウェアのバグかなぁという結論に達しました(大胆な切り分け)
事実、新しいセーブデータではそのサブストーリーは普通にクリアできましたしね。
自分に言えることは、技を見せてくれというサブストーリーは、受付たらメインを進めずに即座にクリアして報告するべきだということくらいです。

あっ、肝心のゲーム性ですが、可もなく不可もなくといった感じでしょうか。
タイムラインとウェイト値を用いたタイプのターン制バトルですが、最終的にはいかにして1ターンキルを取るかの詰め将棋になるかと。
ぶっちゃけ、ウェイト値の調整はハーモニクス(連続したキャラ間で好きな順で攻撃できる)のためくらいにしか気にしなくてよい気がします...
あと、ルールのインストールに若干手間取るかもしれません。
覚えることが多すぎるのと、独自の名称ばかりなのが原因ですかね(攻撃力→歌唱力だったりはその典型)

ストーリーは、まぁありがちな感じではありますが楽しく読んでいます。
TKTくんの扱いが苦労人かつ邪険でもう涙しか出ない...
ヒロインに手を出さないだけで非ノンケ扱いされ、不思議系ヒロインがベッドにいつの間にか潜り込んでいた場面を見られるとマネージャーのくせに手を出した人間の屑扱いされるという不条理。
野獣先輩だってもうちょいマシな扱い受けてると思うゾ...

とりあえずメインストーリーだけは1周して、真EDまで頑張るかは...その時次第ですかね。
ではこの辺りで。

7/13

怒涛の先週から早くも一週間が経ちましたが。
件のインシデントは収束に向かっております。
あとは公開記事の修正依頼くらいですので、もはやクローズは時間の問題ですし、今からちゃぶ台ひっくり返されることもなさそうな雰囲気。

それに、最近は白髪先輩からのお許しがアッサリと下るようになりました。
先日も修正依頼の英文を作成してレビューに出したのですが。
自分としてはそれなりの長文だったので、これはやり直し10回コースかなと覚悟を決めていたところ。
わずか2回の修正でサッと許可が出たのです(2回弾かれていること自体がどうなのかという疑惑はさておき)
まま、ワシも成長しとるんやな、と思いつつ何気なくグループのメールを確認してみたところ。

自分の1つ上の先輩と白髪先輩との激熱レスバトルが勃発していてビビりますよ〜...

もちろん、ネットの掲示板だとかショッピングサイトのレビュー欄のような(言っちゃなんですが)くだらない内容の応酬ではなく、ちゃんとインシデントに対するやりとりではあるのですが。
まぁ言葉尻の鋭いこと鋭いこと...
第三者(同じプロジェクトなので他人事ではないですが)の自分がいつ殴り合いのガチバトルに発展しないかヒヤッとするレベルのやりとりをしていたから、自分のレビューはサラッと流されたようです。
対岸の火事で暖をとるかのような切り抜け方だったということで...

今日から謎の三連休+火曜は東京駅への出張なので、しばらくインシデントとは顔を合わせずに済みますし。
この間に本を読んだりゲームをしたりで、崩れがちだった体調を元に戻すことにします。
ではこの辺りで。

7/11

ここ数日はいろいろありました。

先週はインシデント2件に追われて残業可能上限をブチ抜いたまま木金の出張へ突入。
出張中はインシデント対応ができないので、それをトレーナーに丸投げしましたが、土日はインシデントの進捗が気になって気が休まらず。
月曜に出社して進捗を確認したところ、トレーナーがどうやら上手いことなし付けてくれたようでとりあえず一安心したのですが。
「退職のご挨拶」という表題のメールが同期から届いており軽くショックを受けておりました。

この同期は研修の最初の一ヶ月で同じクラスであり、役割も同じだったこともあり、それなりに話していた人でした。
導入研修のあとは、ほとんどの同期が川崎で研修が続く中、自分は開発分野ということで沼津へ移動したこともあり、疎遠になっていましたが。
まさか辞めてしまうとは...
理由はポジティブかネガティヴか聞いたところ、ネガティヴな方らしいので心配ではありますが。
自分にできるのはお祈りすることくらいですので、できるだけポジティブな別れを告げました。

とはいえ自分も他人事ではない...かもしれません。
いつ環境が、自分が、ふと変わるかなんて保証はどこにもありませんしね。
まぁ、少なくとも今は環境に満足しているので、それが原因でどうこうはないと思います。
自分の力量が貧弱すぎて嫌になることはままありますけどね...
勉強しなきゃ、ですかね。

ではこの辺りで。
プロフィール

SNと申します。
趣味を書き綴ります。
二日に一度は更新する(予定)です。
コメントはその記事に返しますね。


近況欄:
Linuxを弄るお仕事に就くとは
全く想像してなかった(勉強不足)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
回覧カウンター
カテゴリ
SF (14)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR